トップ

贈り物に添えるメッセージ

贈り物と手紙の例文

贈り物につけるメッセージ

大切な人への贈り物に、ちょっとしたメッセージカードや手紙をつけると気持ちがダイレクトに伝わり、心に残るプレゼントになるでしょう。少しかしこまった相手へ贈る場合には季節のあいさつや正しい言葉づかいが出来ているかどうか気になるかもしれません。その際お勧めなのが文例集を参考にすることです。書店で売っている本や、インターネットで簡単に見つかる文章テンプレートを参照することで、贈り物に添えるのにぴったりの文例がわかります。お悔やみの場合には重ね重ねなどの言葉が禁句であったり、結婚祝いの場合にも離れることを連想させる言葉は使わないなどのマナーがありますので、このような例を一度見ておくと今後の勉強にもなるでしょう。

上司

贈り物には手紙を添えて

贈り物はもらう側よりもあげる側のほうが楽しみが多いかもしれません。自分の好きなものやおすすめしたいものをつい選んでしまいがちですが、もらう側にとってそれが馴染みのないものだった場合、せっかくのあなたの気持ちがお相手に十分に伝わらない可能性もあります。そこで、贈り物にはぜひ、手紙を添えましょう。自分が好きなものをその方と共有したいことを伝えましょう。文例としては「私がいつも寝る時に使っている快眠グッズです。最近、お仕事がお忙しいようなので、よく眠れるといいなと思って。使い方は面倒くさくないので、いちど試してみてください。よろしかったらご感想を聞かせてくださいね」など、お相手を思いやる気持ちからそれを選んだことを書くと、なぜその品物を選んだのかがわかりやすくなります。

↑PAGE TOP